ウォータースタンド 支払い方法

ウォータースタンドの支払い方法にはなにがある?

 

ウォータースタンド 支払い方法

 

 

ウォータースタンドは、どれだけ使っても定額制なので、安心してお水を利用できるウォーターサーバーです。

 

 

利用料金でかかるものは、

 

  • サーバーのレンタル料金
  • 水道代
  • 電気代

 

なんですが、

 

 

それぞれの支払い方法が気になりますよね。

 

 

 

まず、水道代と電気代については、皆さんが今まで払っている方法のままです。

 

 

ここでは、サーバーのレンタル料金の支払いにはどんな方法があるのか詳しくお伝えしていきます。

 

 

 

 

 

ウォータースタンド・レンタル料金の支払い方法

 

 

  • 一般はクレジット払い
  • 法人はクレジット払いか、銀行引き落とし

 

2つの方法で支払いできます。

 

 

 

 

支払いに対応しているクレジット会社一覧表

 

写真

 

対応しているクレジット会社は、

 

  • ニコス
  • JCB
  • VISA
  • マスターカード
  • UFJカード
  • アメリカンエクスプレス
  • ダイナーズクラブカード

 

計7社です。

 

 

 

 

支払いのタイミングは?

 

ウォータースタンドは、1カ月ごとのレンタル料金を支払うことで利用できます。

 

 

毎月1日に当月分のレンタル料金が発生するという仕組みです。

 

 

設置完了日からレンタル料金がかかるんですが、契約日が月の途中だった場合、レンタル料金が日割り計算になります。

 

 

月々の支払いタイミングは、各クレジット会社の引き落とし日になります。

 

 

ポイント!
銀行振り込みが利用できるのは、法人のお客様のみです。詳細は、お問い合わせ時か申込みするときにご案内します。

 

 

 

 

ちなみに、

 

「クレジットカード持ってないんだけど・・やっぱ無理か」

 

 

って人、ウォータースタンドを使いたくても、それだけのことであきらめてしまうのはまだ早いですよ(^.^)

 

 

 

詐欺にあうとか、ローンで首が回らなくなるのが怖い、などいろんな理由があってクレジットカードを持たない人も多いと思います。

 

でも用は使い方次第で、ご家庭の経済面でプラスになることがたくさんあるんです。

 

 

たとえば、私も使っているクレジットカードは、

 

●クレジットカード

 

 

ウォータースタンドの料金に含まれるサービス

 

 

支払い方法と一緒に確認しておきたいのが、レンタル料金の内容です。

 

 

定額の料金に含まれるサービスは、

 

 

・初期費用
・故障や修理対応
・経年劣化による本体交換
・フィルター交換
・定期メンテナンス

 

です。

 

レンタル料金の中に入っているので、費用は0円で対応してもらえます。

 

 

 

レンタル料金以外にかかる費用

 

サーバーレンタル料金以外にかかる費用は、

 

・機種変更手数料
・移設費用
・撤去費用
・解約金

 

です。

 

 

サーバーレンタル料金と同じで法人以外、支払い方法はクレジットカードのみです。

 

 

●機種変更手数料とは?

 

初めての設置から、1年未満で別の機種に変更を希望した場合、機種変更手数料として10,000円の費用がかかります。

 

 

●移設費用とは?

 

引越しをしてサーバーを取り外したり、再設置するときに、移設費用が10,000円発生します。

 

 

●撤去費用と解約金

 

契約から1年未満で解約する場合、10,000円の撤去費用がかかります。
ただし、契約から1年以上ウォータースタンドを利用していれば、いつやめても撤去費用はかからない仕組みです。
ちなみに撤去費用と解約金は同じものとして考えてOKです。

 

 

 

 

ウォータースタンドの支払いに使えるお得なポイント

 

 

 

ウォータースタンドは、キャンペーン時に申込みすればかなりお得。

 

 

月々のレンタル料金に使えるウォータースタンドポイントがもらえちゃいます。

 

 

ポイントを使えば無料でウォータースタンドのサーバーがレンタルできる期間があるので使わない手はなし!なんです。

 

でも、いつもキャンペーンをやってるわけじゃないんですけどね(^_^;)

 

受付期間限定で、乗り換えキャンペーンをやっているので申し込む前に1度確認してみてくださいね。

 

 

⇒ウォータースタンド乗り換えキャンペーンをチェック!