ウォータースタンド 定額

定額制とボトル水タイプの比較

 

ウォータースタンドはサーバー代が定額

 

 

ウォータースタンドのような水道直結型のサーバーは、料金が定額なのが魅力の1つ。

 

ボトル水からの乗り換えや、現在ペットボトルの備蓄をしている方にとってはどっちがお得なのか気になるところですよね。

 

 

ここではウォータースタンドの定額料金とボトル水サーバーとの比較をしてみました。

 

 

ウォータースタンドは水道直結の定額制

 

ウォータースタンド 水道水直結

 

 

ウォータースタンドは、浄水フィルターを備えたウォーターサーバーです。

 

 

ご自宅の水道水からお水を供給するので、ボトル水の注文不要で基本的にサーバーを定額でレンタルするだけで済みます。

 

 

定額といっても、他にかかる費用も少しだけあります。

 

 

ウォータースタンドにかかる料金

 

定額以外にかかる費用はどうなのか?

 

詳しく見てみましょう。

 

まず、ウォータースタンドの料金は、

 

  • 月々のサーバーレンタル料金
  • 水道代
  • 電気代

 

この3つです。

 

 

このうち定額となるのはサーバーレンタル料金です。

 

 

つまり、ウォータースタンドの料金は、

 

定額の固定費と水道代+電気代=月額料金

 

として考えるのが正解です。

 

 

サーバーレンタル機種にはどんなものがある?

 

ウォータースタンドの機種は大きく2種類あります。

 

  • ナノラピアシリーズ
  • プレミアムシリーズ

 

それぞれは内蔵されたフィルターに違いがあります。

 

分かりやすく言えば、

 

ナノラピアシリーズは、ウィルスを除去するフィルター
プレミアムシリーズは、セシウムや放射性物質まで除去するフィルター

 

です。

 

 

ウォータースタンドの定額料金は?

 

ウォータースタンドの定額料金

 

 

おおよその相場を表にまとめました。

 

 

機種のシリーズ 定額料金(通常プラン) 定額料金(長得プラン)
ナノラピアシリーズ 2,480円〜3,980円 2,000円〜3,500円
プレミアムシリーズ 3,480円〜6,980円 3,000円〜6,500円

※税抜き表記

 

 

長得プランとは、登録料を10,000円払う代わりにサーバー代がお得になる契約プランです。

 

長く使う場合は長得プランにすると、月々の定額レンタル料金が安くなります。

 

 

長得プランは初期費用として長得登録料が10,000円かかるんですが、その名の通りどの機種を選んでも月々480円お得です。

 

 

10,000円÷480円=21か月利用すれば元が取れます。

 

 

2年間利用するのであれば、間違いなく長得プランを選んだほうがいいですね。

 

 

>>機種を確認してみる【ウォータースタンド公式サイト】<<

 

 

 

ウォータースタンドにかかる水道代

 

ウォータースタンド 水道代

 

 

水道代って普通、家族の人数や使用内容で変わってきますよね。

 

 

ここでは東京都内の4人家族を例にして、ウォータースタンドを飲料や料理のお水として使った時の水道代を計算してみます。

 

 

4人家族だと1カ月の水道の使用量が300リットルとして、

 

 

 

・ナノラピアシリーズは60円/月
・プレミアムシリーズは180円〜240円/月

 

 

 

となります。

 

 

「あれ?プレミアムシリーズ高いじゃん!」

 

 

ってなりますよね。

 

 

なぜかと言えば、プレミアムシリーズはRO水というきれいな純水を作りだす機種のため、純水1リットルに対して2〜3リットルほど廃棄水が出ます。

 

 

その分、ナノラピアシリーズより水道代がかかるんです。

 

 

少しでも水道代を節約したい人にとっては悩みどころですよね。

 

 

そこで、もうちょっと突っ込んで、廃棄水についてサポートセンターに聞いてみました。

 

 

私:廃棄水はタダ捨てるだけしかできないんですか?

サポートのお姉さん:廃棄水は食器の洗浄に使って頂けます。
現在ご利用中のお客様もそのように活用されていますよ。

 

 

このような回答でした。

 

 

ということは、廃棄水も有効活用できる!

 

 

つまり、廃棄水は飲み水には利用できないんですが、食器洗いや掃除のお水としては利用してOKなんです。

 

 

これだったら、無駄なお水がなくなっていいですよね。

 

 

 

ウォータースタンドにかかる電気代

 

ウォータースタンド 電気代

 

 

電気代も機種で少しだけ変わってきます。

 

 

まず、ナノラピアシリーズの人気機種で比較してみました。

 

 

・ナノラピアネオは、約500円〜700円/月
・ナノラピアマリンは、約300円/月

 

ナノラピアマリンの方が電気代が安いのは、省エネタイプのウォータースタンドだからです。

 

 

ここでは勝愛しますが、ナノラピアマリンに詳しく知りたい方は下記の記事を参考にどうぞ。
マリンはウォータースタンド史上最小スリム!口コミや機能性は?

 

 

 

プレミアムシリーズは温水を作るヒーターの種類によっても消費電力は変わってきますが、基本的な電気代は月々約600円です。

 

 

ちなみに、ウォータースタンドには電気代0円の機種もあります。

 

 

電気代がかからない理由は、常温水だけのサーバーだからです。

 

「冷水と温水はいらないよ」

 

という方は是非チェックしてみてくださいね。
ウォータースタンドに電気代0円の機種が登場!メリットとデメリット

 

 

 

ボトル水タイプのウォーターサーバーにかかる費用

 

ウォータースタンドとウォーターサーバーの比較

 

 

ウォータースタンドのような水道水を使わないボトル水のウォーターサーバーだといくらかかるのか?

 

 

さっそく見てみましょう。

 

 

ボトル水タイプのウォーターサーバーに必要な料金は、

 

  • サーバーのレンタル料金
  • ボトル代
  • お水代
  • 電気代

 

の4つです。

 

 

ウォーターサーバーの相場

 

・サーバーのレンタル料金は、0円〜
・電気代は約350円〜1,000円/月前後
・ボトル代は1ボトル(12リットル)あたり1,800円/月前後

 

あらかじめ決められた数のボトルを注文すると、サーバーレンタル代が0円になるメーカーもあります。

 

 

 

ウォータースタンド定額とウォーターサーバーの料金比較

 

料金比較

 

ここが本題!

 

ウォータースタンドとウォーターサーバーを、1か月利用したと考えた料金を比較してみましょう。

 

 

●ウォータースタンドのナノラピアネオの場合

 

 

ナノラピアネオの通常定額料金の場合です。

 

・ウォータースタンドのサーバーレンタル定額:3,980円
・水道代:60円
・電気代:500円

 

合計4,540円

 

 

●一般的なウォーターサーバーの相場

 

 

 

サーバー代が0円として考えてみます。

 

・ボトル代:1,800円×2(24リットル)=3,600円
・電気代:350円

 

合計3,950円

 

 

ってことは、ボトル水のウォーターサーバーの方が安いことになりますよね。

 

 

でも、一つ大切なことが抜けていました。

 

 

ウォータースタンドはお水が使い放題の定額だからいいのですが、ボトル水は家族で使う分だけ注文が必要です。

 

 

先ほどの3,950円は、およそ1人分

 

 

で、4人家族で再度考えると・・14,400円になります。

 

 

まあ、料理とかのお水に使わずに節約すればもうちょっと安くできそうですが、それでも気軽に飲むには割高になってしまいますね。

 

 

 

ウォータースタンドのような定額制の良い所は、使い放題だから気兼ねなく生活水として活用できる点なんです。

 

 

野菜を洗う時も、お米を研ぐ時も、定額だから好きなだけ水道水から利用できちゃいます。

 

 

 

ここが一番の違いというか、今までのウォーターサーバーになかった新しさですね。

 

 

そしてウォータースタンドは、インテリアや家族構成のことを考えて、機種の種類がとても豊富です。

 

 

是非、あたなだけのぴったりを見つけてみてはいかがでしょうか♪

 

 

>>定額で安心♪ウォータースタンド公式サイトはこちらから<<